犬を飼うということ

投稿日時:2011年8月17日 投稿者:admin Comment(0).

私の実家ではミニチュアダックスフンドを飼っています。(13年)

犬はしゃべりらないため犬の気持ちをわかることは難しいです。しかし、犬が病気になったときは別です。小型犬だけあって病気の症状は激しく目で見てすぐにわかりました。

呼吸がゼイゼイしており肩で息をしています。とても見ていられない状態です。

夜中だったため動物病院はやっておらず病院が開くまでネットで病名を調べたところ肺炎の症状が…とても心配。

朝一に病院へ、エコーとレントゲン検査をしたところ肺の3分の2が白くなって水が溜まっている。動物ICUに入れます。2~3日経って症状が落ち着かない場合は命の保証はできませんとのこと。

10日入院し要約元気になり戻ってきました。一安心。13年飼うと犬も家族、犬のいない生活は考えられません。168000円の治療費が掛かりビックリしましたが、命には変えられない。無事戻ってきてくれてありがとう!!

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>