痴漢被害にお悩みの方へ

投稿日時:2019年11月25日 投稿者:admin Comment(0).

痴漢は卑劣な行為で犯罪だということは皆さんもご存じだと思います。

卑劣とは、痴漢を行う人はおとなしそうな女性を狙っているので知能犯ともいえる部分です。その他に、駅のホームでターゲットを物色する行為も卑劣としか言いようがありません。

痴漢をしている、痴漢に間違われる(冤罪)は現行犯が支流のためほぼ有罪になります。

満員電車でぎゅうぎゅうに押し込められた空間は、人間が安心できるスペースがないためストレスを感じます。人間が安心できるスペースはパーソナルスペースと言います。他人との距離は最低45㎝以上離れていることで他人からのストレスを受けないとされています。

都会であれば有るほどに人口は多く、電車、バス、地下鉄で移動するでしょう。出勤、帰宅時は勿論ラッシュです。

そんなときに痴漢にあったら身動きが取れないですし、助けを求める勇気も出せない、というか声を上げれないでしょう。

痴漢をする人は、自分の欲望を満たしたいのでしょうが被害者にしたらそんな自分勝手な理由で痴漢をされたら当然許せるわけもありません。

痴漢行為を行い、その回数が増えれば増えるほどに捕まる可能性が増します。

現代問題となっていることは、痴漢行為を行っていることを誰かに咎められること、または捕まえられたときに電車や地下鉄が走る線路上を逃げる行為が非常に危険を伴うことです。

ホームに着く電車時刻が送れること、逃げる際に電車に跳ねられ亡くなった方もいらっしゃいます。

本当に痴漢を行い、捕まった場合は自分のした行為を反省して二度と同じ過ちを犯さないこと、被害者の立場になることが必要です。

逃げることで起こりうるデメリットは非常に多いでしょう。
電車が遅れたことによる損害賠償、被害者の精神的苦痛による慰謝料、その他には迷惑防止条例法違反や強制わいせつ罪という刑事事件、電車や地下鉄による死亡事故などが考えられます。

このようなデメリットがあり、逃げ切れても駅には防犯カメラがあり、後日御用になるでしょう。

もし、冤罪であっても逃げない方が良いでしょう。逃げる=やましいとなり、不利になります。

上記でお伝えした通り、危険が増したり、別の罪が増えたりと逃走することは決してお勧めできません。

毎日同じ交通機関をしようし、毎回痴漢されるようでしたら仙台けやき探偵事務所にご相談ください。必ず卑劣な犯行を捕まえる手助けを行いますのでお一人で悩まないでください。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>