交通事故

Posted 2012年1月28日 by admin. Comment (0).

昨日、北環状線を車にて走行中2件交通事故を見ました。(中山から八乙女間にて) 昨日の道路状況はブラックアイスバーンとなっており見た目は凍っていないように道路は見えたものの、よく見ると氷がキラキラと…見た目は凍ってないように見えるので走行も通常通り走ってしまいがちです。 雪道は見た目で判断すると大きな運転ミスに繋がる恐れがあります。車間距離は長めにとりましょう。立派な車が事故で壊れているのを見るとなんだか悲しくなるものです。

消費税増税について

Posted 2012年1月27日 by admin. Comment (0).

もしかして消費税が17%になるかも…主婦の方々はスーパーのチラシを見て1円単位で節約している方もいる中、消費税17%とは。頭を抱える悩みです。 サラリーマンの方々は働けど働けど暮らしは楽にならない。年金をもらえると思っている20代はいない。今はこんな現状です。 消費税は収入が少ない人ほど負担が大きくなるものです。国の財政を担うため税金を上げるのは仕方ないことです。しかし、消費税を上げるには国民に問う必要があります国民が諸費税を負担するわけですから。そんな時に新たな案が、低所得者には1人当たり1万円を配ります。この案がニュースから流れてきたとき、月々1万円かと私は思いました。しかし、よく聞くと年間1万円!!はぁ~月々833円ではないですか!!今現在消費税は5%2万円の商品を購入したとなると1000円が消費税。月々833円もらっても仕方ないですよね。 もう少し国民が納得する案を考えて下さいお願いします。国民は消費税が上がることにより今の暮らしですらギリギリでやっているのに生活できなくなるよと思っているのです。消費税が上がり暮らしが楽になるのなら消費税が上がることに国民は反対しません。つなぎで1万円配るなんて意味がありません。国民をバカにしてないでしょうか。国民から消費税を取りたいなら納得できる案を…

ドコモ 通信障害

Posted 2012年1月26日 by admin. Comment (0).

ビジネスマンの必需品といえばやはり携帯電話ではないでしょうか!? 携帯電話が日々小型化され多機能になる中、需要な連絡を取ることができなくなる、メールが違う相手に届く(個人情報)などの問題が出ています。 便利になる世の中ですが、もし大切な内容をメールで送る場合は注意する必要性があります。時間がないために便利なメールを使いたくなるのはわかりますが、誰にも知られたくないことは話したい相手に直接会って話しをすることを勧めます。個人情報を守るには最善の注意が必要ですから。

バレンタインデー

Posted 2012年1月26日 by admin. Comment (0).

毎年2月14日はバレンタインデーです。男女がチョコレートを上げ愛を告白する日です。 バレンタインデーの歴史はローマ帝国時代に始まったとされますが定かではないので説明は控えさせて頂きます。もし、気になった方はご自分で調べて見ては… バレンタインデーとなると、義理チョコ、友チョコ、本命チョコなど様々です。勤務先では義理チョコ、友達には友チョコ、彼氏彼女夫婦同士は本命チョコ。チョコの金額も様々!! 男性は好きな女性からチョコをもらえないときガッカリするかと思いますがそんなことはありません。チョコをもらえなかったからといって落ち込むよりもホワイトデーにクッキーを渡し自分の気持ちを伝えれば良いのです。きっかけがなければ交際にいたらないわけですから。俺なんてダメだとウジウジ悩むより当たって砕けろです!!ウジウジ悩んでる男に女性は魅力を感じるわけはありません。 バレンタインデーに気持ちを伝えカップル成立となるよう私は祈っています。

ダルビッシュ メジャー

Posted 2012年1月24日 by admin. Comment (0).

暗いニュースが続く中、明るいニュースがダルビッシュ選手メジャー入り!!おめでとうー アスリート選手は限りある命を燃やし前進の日々、流れる汗はダイヤモンド。以前、アスリート選手にアンケートを行ったことをふと思い出しました。そのアンケートは下記の通りです。(二者択一) 1、金メダルは必ず取れるが、余命1年となる 2、金メダルは取れないが、寿命を全うできる このアンケートで出た結果は1番を選んだアスリート選手が約70%とのこと。このデータから分かることはアスリート選手は命を掛け金メダルを取ることに人生全てを捧げている選手が多いと言う結果です。世界1になるとは過酷なことですね…

消費税増税

Posted 2012年1月24日 by admin. Comment (0).

今、一番のニュースと言えば消費税増税!?でしょう。 消費税を上げなくてはならない理由の詳しい内訳、自分が納税した税金がどのように使われるのか詳しい内訳、無駄に使われている税金をカットする詳しい内訳などを国民にきちんと説明し伝える義務が政治家にはあります。なぜなら税金は国民が負担するものだからです。国民がお金を出しそのお金が知らず知らずの内になくなったのであれば、誰も税金を払いたくないはずです。 人間は等価交換を望むものです。電気屋さんに行きテレビの値段が書いてあるこの値段なら妥当だと思いテレビを購入する。勿論、高いと思えばテレビを買うことを諦め他店の電気屋さんにハシゴとなります。 税金も同様に自分が収めた金額に見合うものであれば納得して収めるものです。国民はただ消費税が上がることが嫌なわけではありません、増税により負担だけ増しメリットがはっきりと見えないことに問題があるのです。

雪による怪我

Posted 2012年1月24日 by admin. Comment (0).

先日ブログでもお伝えしましたが、都心で雪が降ると怪我人が増える。 本日のニュース速報にて240人以上が怪我をしたとの発表がありました。都心では雪があまり降らないので都心の方々は雪道に慣れていません。怪我をされる方が大勢いるわけですから、事前に注意を呼び掛けるようにし未然に防ぐことが大切ですね。 対策方法は先日のブログを参照下さい。

夫の寝言

Posted 2012年1月22日 by admin. Comment (0).

寝言とは寝ているときに発してしまう言葉です。無意識に口にしてしまうので防ぎようのないことですよね。 寝言を言った本人は気が付かず、隣にいる人にはハッキリと聞こえてしまうものです。夫婦同士で寝室に二人きり、夫は寝ている妻はまだ寝ていない、このような状況で夫が寝言を言ったものなら妻はハッキリと聞こえ女性の名前を寝言で言われたものなら浮気を妻が疑うのも無理はありません!! 浮気を夫妻に隠していたとしても寝言の一言でばれてしまうということもあります。浮気を疑っていなかったのに夫、妻、彼氏、彼女(相手方)本人自らが自白してしまっているのですから…

盗聴防止

Posted 2012年1月20日 by admin. Comment (0).

盗聴器は年間40万個も売れているとのことです!! 40万個全てがどこかのご家庭に備え付けられているというわけではないでしょうが凄い数ですよね。そもそも盗聴器を発見しても盗聴器を備付けた人物の特定が難しいため捕まえるのはとても困難です。 盗聴器は簡単に手に入る、小型化されていてどこにでも備付けができる、機材の中に隠されている、聞けば聞くほど厄介な代物でどう対策していいものか頭を抱えてしまいますよね~。 まずは、盗聴器が部屋にあるのかないのかを調べる必要があります。その後、部屋にセキュリティーを付け部屋に侵入させない、誰も部屋に上げないようにするのが万全の対策ですが親戚や友人が来たのに家に上がらせないのは難しいですよね。 定期的に盗聴器発見調査をすることをお勧めします。私どもに定期的に頼むと調査費用が掛かってしまうのでご自分で盗聴器発見器を購入し探すのがベストかと思います。

雪道 運転

Posted 2012年1月20日 by admin. Comment (0).

本日、東京都に雪が積もりました。 交通量が多い東京都ではチョッと不安があります。雪道に慣れていないことにより歩行中に転倒し怪我をする、スタットレスタイヤを履いていない車両が多いことによる事故。雪が積もると東京都ではこのようなニュースが増えるものです。 ニュースでは雪道に気を付けて下さいと伝えるだけで具体的な対策を伝えることは少ないように感じます。友人から悩み相談を受けた際も頑張れと励ますものの具体的な対策法を伝える方は少ないのでは?? 雪道が危険だと思うのでしたら具体的な対策を伝えるべきではないでしょうか!!雪道を歩く際は雪を踏みつけるように歩くと滑らないので試してみてはと伝える。車の運転は交通事故の危険性が増すのでできる限り電車などを使いましょうと伝えるだけで事故防止になります。 その点、私の職業探偵興信所では具体的な対策をお伝え問題解決に努めます。単に、調査をし報告書を渡すだけとなると報告書の使い方が分からず依頼人の目的に沿った問題解決にならない場合があるからです。ご相談者様の一番気になるのは調査料金だと思いますが、依頼する場合に探偵興信所がどのように調査するのか、どのように悩みを解決してくれるのかの具体的な内容を聞くことも大切です。料金は安いが調査力がない、調査をきちんとしていない、アフターケア悩み解決をしてくれない、親身に話しを聞いてくれない、では調査費用の無駄です。当社仙台けやき探偵事務所では、ご相談は何時間でも無料となります。ご相談だけでも構いませんお気軽にお電話下さい。