結論からいうと無視しましょう。 大抵この手のタイプのメールは、一方的な内容で送り主の都合の良い内容になっているものです。 そんな内容に付き合っていては、時間が無駄ですし、金品を取られる可能性もあります。まずは、相手の心理を知っておくだけで対処方法も見えてきます。 今回のブログでは実際に送られてきた内容をご紹介いたします。にわかに信じがたいメールを集めましたが、実際被害にあわれている人がいますので、見入ってしまう内容であったり心理を突いていたりと優し人やメールを頻繁に行わない方は信じてしむかも知れませんね。困っている人を助けて上げたいのいう気持ちは誰しも持っているものですから!! 度々ニュース、ATMにポスター、館内での放送などで呼びかけているものの被害額が拡大しているのも人間の行為につけいる隙があるためです。 具体的なメールの内容は、会話型で「現在、就職活動で困っている」「両親のことで悩んでいる」「交際相手に悩んでいる」「学校のことで悩んでいる」など様々で、会話をメールで続けているうちに、「実は私以外にも悩み事がある友人がいるので、その悩みにも相談に乗って欲しい」「あなたのような人が彼女だったらどんなに良いだろう」など会話は進んでいきます。勿論、友人と名乗る人物からもメールがきます。複数人からメールがくるので、孤独な人は会話を楽しみになってしまいます。誰かに必要とされている感覚におちいり、人を助けていると思ってしまいます。すると、今後の連絡方法はここから行って欲しいと有料連絡サイトに移動することに…1通メールで連絡すると500円。当然ながら、連絡を取り合い続ければすぐに数百万円になってしまいます。 実際に「騙されているよ」と家族から言われても私は騙されていない、困っている人を助けたのだと認識してしまって騙されていることに気がつかない。ある種の洗脳といえます。 核家族となっている現代では寂しく孤独に暮らしている方の心の隙間に入り込む方法です。寂しい思いをしているかも知れない親がいる場合、様子をうかがうことも大切です。どんな物事にも不思議なことや変なことが起きますが、そのことを早い段階で気がつかなくてはなりません。その気がつく行為とは、やはり常に誰かを気にとめる心のゆとりや思いやりが最も大切です。 もし、大切な人が周囲にいる場合はできるだけ被害を未然に防ぎたいものですよね。