健康食

投稿日時:2013年1月21日 投稿者:admin Comment(0).

厳しい寒さが続き、風邪やインフルエンザが流行する時期になりました。食べ物で病気に負けない体をつくりましょう。

・ニンニク…体を温め、胃腸の動きを丈夫にします。殺菌効果や、血中コレステロールを下げたり、降圧効果も期待でき、冷え性・低体温の方にオススメの食材です。

・ニラ…体を温め滞っていた血液の流れを良くし、サラサラ血液にします。腎を強くし生命力、精力をつけます。・羊肉…体を温める代表的な食材です。いわゆるジンギスカンであり、北海道の郷土料理となっている理由は、その肉の性質を利用して寒さ対策をしているからだと言われています。東北地方でもジンギスカンは盛んに食べられているようで、寒い地方ならではの料理です。

・生姜…体を温め発汗を促し、寒気を散らします。お腹を温め、胃腸を強くします。嘔吐なども鎮めます。痰や咳が出やすい方にも良いです。解毒、抗菌作用もあります。

他にも、葱・エビ・サケ・鶏肉・唐辛子・玉ねぎ等があります。旬の食材と組み合わせてバランスの良い食事をとり寒さを乗り切りたいものです。

今ではヨーグルト、乳酸菌がインフルエンザには効果的といわれています。免疫力が高まるようです。

探偵・興信所は体力勝負ですので、ヨーグルトで腸内フローラを整え頑張りたいと思います。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>