経営者の人から聞いたお金の話

投稿日時:2018年7月1日 投稿者:admin Comment(0).

皆さんも誰かにお金の話を聞くのはチョット抵抗があるのではないでしょうか?

出会ったばかりの人に収入がいくらなのかと尋ねる人も少ないと思います。そもそも日本ではお金の話はタブーとされてきた風習があります。ですが、アメリカでは小学校のときにビジネス、経済、マネー、テーブルマナーなどの授業を積極的に取り入れています。大人になり社会にでたときに困らない知恵を授業に取り入れているのです。

グローバル化が進んできて、外国人の方が日本人より人件費が安いとなれば、外国人労働者が増え、日本人の失業率も増えるかも知れませんので、ビジネスや経済について日本でも授業に取り入れた方がいいかも知れません。

余談はこれぐらいにして、経営者の方が如何に利益を上げたかの本題ですが、この方はある物のコレクターをやっていてそのコレクションを集めるためにお金が必要だったとのこと。

私も小さい頃にビックリマンシールを集めるために、入荷する店を調べ、1人3個までしか購入できないため、お店に並んだ経験があります。そうです、そのときはお金うんぬんではなくシールが欲しかったのです。できることなら、ヘッドが欲しかったです。解説、ヘッドとは、レアでキラキラしたものです。

その方がおっしゃる内容は、ただ生活するだけに稼ぐのでは、いずれ仕事がつまらなくなる。そして、仕事も生活もダラダラになる。でも欲しい物が高ければ高いほど収入も高くないとコレクションできないので、飛び抜けて仕事を頑張り、家に帰るとコレクションを見て癒され幸せを感じるとのことです。

ただお金を得るのではなく、得たお金を如何に使うかがポイントです。

そういえば、紀州のドンファンも女性と交際するためだけにお金を稼いだと言ってましたね。

仙台けやき探偵事務所では、金銭トラブル、養育費、慰謝料、企業の問題、といったお金にまつわる案件も多いものです。何かお困りごとがございましたら、ご連絡ください。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>